サイクリング用アプリで、Strava(ストラバ)がなぜ人気なのか?

ロードバイクを買って、距離やルートを残すぞ〜と、iphoneやandroidアプリを導入している人が多いと思います。私も、そんなひとりでした。サイクルコンピュータ(サイコン)を手に入れた今もStrava(ストラバ)というスマホアプリは継続して使用しております。

なぜ、サイクルコンピュータを手に入れても、Stravaを使用しているのか? なぜ、Stravaがサイクリングアプリで人気なのか? をど素人目線で解説したいと思います。

サイクリングアプリの機能:計測するということ

サイクリングアプリの機能として、計測するということがあります。その計測したデータを、《1》のデータとしてアプリ上に表示したり、《2》後から分析するために、保存することができるのがサイクリングアプリです。

たとえば、人気のRuntastic Road Bikeの場合だと、下記のとおりです。

《1》今のデータとして表示

  • 走行時間
  • 距離
  • 速度
  • カロリー
  • 高度

今のデータとして表示したい場合は、スマホアプリではなく、サイクルコンピュータをおすすめします。スマホをハンドル付近に設置すると大きいし、何より距離を走るとスマホのバッテリの消耗が激しいです。

《2》過去のデータとして保存し分析できる

  • ルート情報
  • 走行時間
  • 距離
  • 平均速度、最大速度
  • カロリー
  • 高度     など

上記のようなデータが保存され、アプリではもちろん、PCの専用サイトにアクセスすると詳細な分析ができるというのが、アプリの特徴だと思います。Runtastic Road Bikeの他には、CyclemeterもDL数が多く、人気があります。

この《1》《2》は満たしつつも、他のアプリとは一線を画すレベルでサイクリングの楽しさを提供してくれるアプリがあります。それがStrava(ストラバ)です。

Strava(ストラバ)という最強サイクリングアプリ

strava ストラバ

ダウンロード Strava > Apple / Android

世の中のサイクリング用アプリは、「Strava」と「それ以外」に分けることができるのではと思うほど、Stravaというアプリは圧倒的な楽しさをもたらしてくれます。おそらく勝手な妄想ですが、サービスの開発思想が全く違うのだと思います。

Stravaのサービス開発の思想は、「サイクリングをもっと楽しくできないのか?」であり、その他のサービスは、「どんなデータを記録し、どう分析すれば、サイクリングが楽しくなるのか?」だと推測します。

要するに、目的が「楽しむこと」なのか、「記録し分析すること」なのか。この違いが、Stravaに圧倒的な独自性をもたらしているのだと考えます。

そんな最強アプリ、Stravaの特徴を紹介します。

追跡と分析

すべては世界最高の追跡機能から始まる。

Strava は、iPhone や Android(またはGPS ウォッチやヘッドユニット)を繊細なランニングまたはサイクリングコンピュータに変えてしまいます。アクティビティを始める前に Strava を起動するだけで、パフォーマンスデータを記録し、統計をより深く分析することができます。

>www.strava.com

計測して表示して、保存して分析することは、他のアプリとおおむね同様です。前述した《1》《2》がこの項目に該当します。

ただ、Stravaは人気のデバイスに対応している為、アクティビティのエクスポートまたは記録が可能なら、Stravaと連携することができます。ゆえにGARMINやPOLAR等の上位サイコンを購入しても、Stravaを使い続けるのです。その上位サイコンを購入してもStravaを使い続ける理由は、残りの2つの特徴に出ております。

ちなみに、私のサイコンは今の情報を表示するタイプですので、記録や分析はStravaで行っております。

共有してつながる

アスリートのためのソーシャルネットワーク、Strava。

アクティビティを記録すると、Strava のフィードに表示されます。フィードには、友達やフォロワーのレースやワークアウトも表示され、お互いにすばらしいパフォーマンスを讃えあったりコメントを残したりできます。

>www.strava.com

このサイクリング仲間のつながりが、Stravaの特徴です。誰がいつどこを走っていたか、どんなタイムで走っていたかを共有することができます。

個人だけでなく、チーム、ブランド、ショップなど、さまざまなグループがクラブを作成してアクティビティの企画やコミュニティの構築を行っています。そんな繋がりが、探索と競争を生みます。

strava ストラバ

SNSなので、繋がっているメンバーの方に、「いいね」したり、コメントしたりできます。集団で走行した場合は、赤線のように、自動でメンバーを紐付けてくれるため、メンバーの走行タイムも把握でき、競争につながります。私も、いつもこれを見て、ニヤニヤしてます(笑)

探索と競争

新しい時代の機能、区間を活用。

耐久スポーツの歴史は、区間の利用前と利用後で大きくその時代が変わりました。数100万人の Strava アスリートにより作成された「区間」とは、ロードやトレイルの人気の部分を抽出(たとえば地元でお気に入りのヒルクライムなど)したものです。そこを走ったすべての Strava アスリートによる記録でリーダーボードが形成されます。

>www.strava.com

strava ストラバ

誰かが走った跡があるなら、Strava に記録があるでしょう。走る前に、スタートボタンをワンクリック。あとは、走るだけで、区間があれば、すべて自動で計測してくれます。

strava ストラバ

そこでのリーダーボード(順位表)が競争を生みます。「全体」「フォロー中」「所属チーム」などをクリックすると、詳細なリーダーボードがでます。私は、チーム内では、ほぼ最下位じゃないかw ということが分かったり、意外に、速い区間があったりと、とにかく走るモチベーションが湧きます。

集団で走っている時はもちろんですが、ひとり練の時も、過去の自分や、チーム仲間と競争することができます。ひとり練が、いつでもレースになります。

また、リーダーボードに出ているということは、同じような場所を走っているということでもあり、その方のルートを見て、こんなルートがあるのか?と新たなルートを発見することもあります。

結論:Stravaでサイクリングが楽しくなります

私は、Stravaを使うようになり、サイクリングが楽しくなりました。あの区間のタイムは? どれぐらいの順位で走っているのか? このあたりでは、他にどんなルートがあるのか?

リーダーボードや他の方のルートを見ていると新たな発見が沢山あります。明日こそは、あのヒルクライムを、10分切りでなんて想いはじめると、もうサイクリングが待ちどうしいですね。

  • サイクリングアプリは未使用 → すぐにStravaをインストールしましょう。
  • 他のサイクリングアプリを使用 → すぐにStravaに切換えましょう。
  • GPSなしのサイコンを使用 → Stravaをすぐにインストールして、サイコンとは別で運用しましょう。
  • GPSありのサイコンを使用 → Stravaと連携できるサイコンが多数あります。連携して使用しましょう。

結局、すべての状況でStravaが使用できます。これもStravaが最強な理由のひとつです。楽しいサイクリングライフの参考になれば幸いです。

ダウンロード Strava > Apple / Android

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

『サイクリング用アプリで、Strava(ストラバ)がなぜ人気なのか?』へのコメント

  1. 名前:goku 投稿日:2017/03/03(金) 08:36:54 ID:0840a0136 返信

    私も廻りからススメられるままにご厚意でGARMINを譲り受けStravaを始めてモチベーションが一変しました。
    そして気付けばパワメ&ローラーに手を出し・・・めでたく泥沼にw

    • 名前:きむら(管理人) 投稿日:2017/03/03(金) 11:29:35 ID:e412c235e 返信

      ローラーだけかと思ったら、パワメも導入されてたんですね。私も、泥沼ラインをなぞれるように精進しますw