新しい世界を発見。六甲山(逆瀬川)ヒルクライム

六甲山 一軒茶屋

3月12日(日)、BLAST練(ブラスト練)に参加させて頂きました。急遽、六甲山(逆瀬川)ヒルクライムになりましたが、前回のボロボロになったのとは違い、楽しかったです。気持ちに余裕もあったので、一軒茶屋で記念撮影(笑)

初六甲山での死闘はこちら

関西最難関?六甲山(逆瀬川)ヒルクライムへの挑戦
12月11日(日)、BLAST練(ブラスト練)に参加させて頂きました。数日前のショップの掲示板に六甲に行きませんか?という書き込みがあり、楽...

遅刻が、偶然の六甲行きへ

朝、財布が見つからずに、10分ほど捜索。。。いつも遅刻ぎみなので、完全に集合時間に遅刻。。。BLAST(ブラスト)前に、到着すると、すでに約半数ぐらいがまさに出発直前でした。「六甲に行きますよ〜」という、お誘いに反応して、六甲へ。まだ戦う本能があったということでよかったですw

高槻からは、国道を通らず9号線から、176号線で宝塚まで。セブンイレブンの宝塚宮の町店で、エネルギーを注入して、いざ逆瀬川まで。

逆瀬川から六甲山ヒルクライム

伊孑志橋交差点は前回も信号でストップしましたが、ここから緊張感が俄然増してきます。阪急逆瀬川駅の踏切からスタートです。

今日の目標は、まっすぐ走ること。前回は蛇行、蛇行、蛇行でしたw 心肺より体がボロボロになったので、その反省もいかし、序盤はマイペースでいきました。ぐっと堪えるも、ゴルフ場を横に、住宅街でこんな坂があったか?という箇所もあり、すこし弱気になるも、なんとか甲寿橋まで。いい調子??

その後の山への分岐(盤滝)までも耐えるも、いよいよ山に入って来るとやっぱり苦しいw 当たりまえか。そして、ヘアピンを通過すると、いよいよ激坂区間へ。ずっーーーと、激坂。前回は、全く休憩ポイントが見当たらなかったのですが、今回は、ちょこちょこ休憩ポイントを発見。これも、前半に脚を抑えた結果かも。冷静になると、見えるものです。しかし、休憩ポイントは一瞬で終了!!そして、やはり終始激坂w

蛇行厳禁を胸に!終始前進あるのみです。明治大学ラグビー部ばりの、「前へ前へ」を心の中で唱え続け、登ります。インナーローなのに、何度もさらにローをさがすという貧脚あるあるな行動は、相変わらず繰り返し、ケイデンスも40ぐらいになるも、とにかく目標を遂行すべく、まっすぐ進みます。

宝殿の料金所を通過し、そろそろゴールと思ってましたが、想定以上に激坂が続くも、なんとかトンネルが見え、一軒茶屋まで辿り着きました。水分は定期的にとってましたが、トンネルからのラストスパートで、又しても吐き気がw

一軒茶屋でウェルチを摂取して、復活です。しかし、この気持ち悪くなるのは、私だけなのかなぁ??記録、Stravaで、逆瀬川踏切〜一軒茶屋 59:38。60分切り。これは、うれしいです!!

六甲山 一軒茶屋

しかし、いつもの練習コースである忍頂寺ヒルクライムは、まったくタイムが伸びないし、体重も全く減ってないのに、10分も短縮できたのが不思議です。長い距離なので、意識次第でタイムも短縮できるのかぁってことで、私なりの「六甲ヒルクライム」の振り返りです。

新しい世界を発見。六甲山ヒルクライムが楽しくなった

ヒルクライムでの精神安定剤を見つけた

すばり、ゴールが分かっていること。当たり前だろと言われそうですが、長ければ長いだけ、知らない場所を登るのは、厳しいです。なんとなくでも、距離がわかっていると頑張れるし、ペース配分も考えることができます。っていうことで、初めて登る方は、しっかり予習しましょう。

関西ヒルクライムTT 峠資料室:六甲山(逆瀬川) 

目標設定:蛇行しないことを言い聞かせた

目標を設定することで、強い気持ちがうまれます。これは当然のことです。自分でたてた目標を達成できないほど悔しいことはないですから。「ティレーノ激坂30°」は、コンタドールでも蛇行してましたがw、「六甲山ヒルクライム」は最高でも斜度16%なので、まっすぐ走るのが速いに決まってます。さらに、大事なのは気持ちだと思います。蛇行したら、なんか負けた気になりますから。気持ちを入れて、苦しみ続けることで、どMになれます。

大の大人が、体力的に手軽に長時間もがける。これこそが、ロードバイクの新しい世界の扉かもしれませんw

まめな給水

前回は、給水する余裕もなく、ひたすらもがいてました。まさに根性だけ。。。前回は、甲寿橋ぐらいから給水した記憶がないですが、今回は、まめに給水しました。随分ラクでした。それでも、一軒茶屋では気持ち悪かったし、喉もカラカラだったので、もっと給水すべきでした。もがき苦しみ忘れがちなので、まめに給水しましょう。

これからも、次々と課題が出てくるでしょうが、この楽しみが持続できれば、さらに新しい世界に出会える予感です。六甲に関しては、ケイデンス40と時速6kmのダンシングをなんとかしないとw

あっ、最後に、gokuさんのパンク講習が見れました。パンクしてからのyoutube閲覧では対応できないことを悟りました。今週中にチューブ交換を実施してみます。ありがとうございました!!

パンク修理

ルート:宝塚〜逆瀬川〜六甲山(一軒茶屋)〜宝塚

六甲山ヒルクライム 逆瀬川

走行データ:
距離 79.9km
時間 4:28:38
高度 1,405m
平均速度 17.9km/h
最高速度 49.0km/h
逆瀬川踏切〜一軒茶屋 59:38

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

『新しい世界を発見。六甲山(逆瀬川)ヒルクライム』へのコメント

  1. 名前:goku 投稿日:2017/03/14(火) 11:00:49 ID:1866eb6e3 返信

    ほぼ拉致状態にお付き合いただきありがとうございました。
    2回目で60切りとは本当に恐れ入ります!!
    忍頂寺は・・・向き不向きですよ。私は苦手です。
    得意な山もありませんがw

    パンクはやってみないと分からないですよ~!
    予習必須です!お役に立てたようで何よりでした(^^;

    • 名前:きむら(管理人) 投稿日:2017/03/14(火) 13:08:38 ID:eb21a3c70 返信

      妙見山や野間峠ははやくなってるのに、忍頂寺は、ほんと変わらないです^^;

      あのスピードで得意な山がないってことはオールラウンダーですね!エースじゃないですか!