重量級が1級山岳を戦う方法。六甲山(逆瀬川)をやっと楽しめた。

一軒茶屋 六甲山頂

9月3日(日)、BLAST練(ブラスト練)に参加させて頂きました。強そうな方たちが来られてるな~と思ってると、たまじいさんから六甲山に行きますよと。美味しいうどん付きとのことですので、迷わず参加です。10名ほどでスタートです。

往路は176号線で宝塚まで

高槻からは、9号線から、国道176号線で宝塚まで。いつものセブンイレブンの宝塚宮の町店で、エネルギーを注入です。朝食は食べてるので、いつもはゼリー系や甘味系を摂取してましたが、この日は、エネルギーを摂取しようと思い、おにぎりを食べます。そして、ヒルクライム中の補給のために、ウィダーインゼリーを購入しました。休憩もほどほどに、いざ逆瀬川まで。

逆瀬川から六甲山ヒルクライム

伊孑志橋交差点の信号で、2組に分かれてしまい、阪急逆瀬川駅の踏切まで。2組に分かれたままスタートです。森さん、吉岡さん、GIANTさん、そして踏切の向こうで待ってくれてた、たまじいさんの5名でスタート。

緩い住宅区間は、森さんが終始牽いてくれます。ペースは速め。しかし、ことごとく信号に引っ掛かります。ゴルフ場の下りあたりからは、はやくも森さんが見えなくなります。

甲寿橋ですでにしんどい。やはり六甲は格別です。車の多い区間は、さらにしんどい。。。はやくもインナーローでいっぱいになりながら、盤滝まで。

山に入り、5m前にたまじいさんが見えてましたが、徐々に差が開きます。激坂区間に入っても、ギリギリ見えてましたが、坂と格闘している間に、見えなくなってました。食らいついていたのですが、残念。。。

30分が経過したので、そろそろウィダーインゼリーを注入しようと思うも、終始激坂続きで、補給ができません。その後、すこし勾配が緩んだところで補給。手元の時計で35分経過でした。喉ごしもよく、一気飲み。パワーがみなぎります。その後の厳しい区間をダンシングを織り交ぜながら、宝殿の料金所まで。

すでに40分オーバー。これまでは上りきるのが必死だったので、宝殿の料金所からどれぐらいかかるかを、把握してなかったのですが、これまでと比べ明らかに元気があります。

その後も淡淡とペダルを回します。前に工事していた区間も、ダンシングでこなし平坦区間も頑張ります。

記録、Stravaで、逆瀬川踏切〜一軒茶屋 54:17。PR更新。素直にうれしいですね。

勝因は明らかに、ウィダーインゼリーです。

一軒茶屋 六甲山頂

ピーク後に、ここまで元気なのは、はじめてです。もっと追い込めばよかったと後悔w

重量級が1級山岳を戦う方法

私は、身長177cm、体重77kg。標準体重が69kgなので、まだまだ自転車界では超重量級です。一般界でも重量級ですw

これまで六甲山(逆瀬川)には、4回チャレンジしてますが、程度の差はあれ、すべて吐き気に襲われています。特に、直近の2回はひどく、4月のライドではピークで吐き気がひどくDNF。7月のライドもピークで吐き気があり、指先に痺れまで出てきました。いずれも、水分と糖分を摂取して事なきを得ました。

六甲山は、高度差843mの1級山岳。おデブも存分に楽しみたい!

どうすれば、吐き気が無くなるのか??

ハンガーノック? 補給の目安は?

吐き気の原因は、ハンガーノックなのか?

ハンガーノックは、筋肉と肝臓に蓄積されたエネルギー(グリコーゲン)が枯渇した「極度の低血糖」に陥った状態を指します。長時間の激しい運動で身体のエネルギーを使い果たした状態です。

エネルギーとなる糖質は体内にどのくらいあるのかということですが、下記ページによると1,500~2,000kcalくらいのようです。

>スポーツ選手の食事法(独立行政法人 農畜産業振興機構)

補給したら解決した

ざっくりと1時間で500kcalぐらいの消費だろうから、いくらハードとはいえ2倍で1000kcalぐらい?と思っていました。

朝ごはんもしっかり食べてるし、直前のコンビニで甘味も補給してるし、1000kcalを消費しても大丈夫なはず。しかし、毎回吐き気に襲われてました。

もともとのグリコーゲンの量が少ないのか、消費が激しいのか、デブだからなのかw 分からないことだらけですが、補給したら見事に吐き気は無くなりました。力も最後まで残ってました。

みなさんも補給は忘れずに。

いざ、いわしや(うどん)へ

ここからは、西宮の手打ちうどんのいわしやへ向かいます。裏六甲から15号を走り、あっという間に、到着です。

いわしや うどんいわしや うどん

とにかく絶品です。

最高の出汁とコシを味わってください。

兵庫西宮の本格手打うどん「いわしや」六甲山ヒルクライムのおとも第2弾
兵庫は西宮市にあるコシがありすぎて顎が疲れた手打ちうどんのいわしやに、六甲山ヒルクライムとセットで連れて行ってもらいました。 六甲のお...

その後、川西経由で帰路へ

帰りは国道176号、327号から川下川ダム沿いを通り33号へ。終始、強度強めです。

川下川ダム

なんとか付いていくも、325号に繋がるあたりで、強度もMAX。ツキイチで千切れました。さすがに力の差がありすぎます。ショックすぎる。。。。

しかし、STRAVAを見て納得。上位独占です。

・Route 33-325 pass climb

その後、セブン-イレブン川西矢問3丁目店でやっと休憩。。。

しかし、しかし、ドM練はまだ続きます。その後が一番しんどかったです。

強度が高すぎて、まずは初心者マークのスポークプロテクターが破壊されるw なおしている間に、みなさんと逸れる。。。途中でkomoさん、giantさんに拾って頂き、なんとか合流。すいません。

その後も、信号でのストップアンドゴーは激しく繰り返され、脚は削られるわ、心は削られるわ、自転車まで削られ、シフトが自由を失いました。豊川あたりからソロ。。。ブラスト到着間際には、シフトが完全に破壊され、何もしていないのに、シフトダウンとアップが繰り返される始末。。。

ブラスト店長に聞くと、シフトケーブルを締めれば直るよと。シュンさんに手ほどきを受け、一瞬で解決。持つべきショップは素晴らしい。持つべき友は素晴らしい。これからも安心して、追い込みたいと思います。

たった5時間、100kmでもここまで追い込むと、身体もバキバキです。ロングでダイエットして、ミドルで追い込んで、、、、うまく繰り返せば、強いライダーになれるかな? しんどいのに楽しいから、これまた不思議です。

今週も、お疲れさまでした!

ルート:宝塚〜逆瀬川〜六甲山(一軒茶屋)〜川西〜宝塚

六甲山 逆瀬川 いわしや

走行データ:
距離 114.2km
時間 5:23:38
高度 2,274m
平均速度 21.2km/h
最高速度 64.8km/h
逆瀬川踏切〜一軒茶屋 54:17

ウイダーinゼリー エネルギー マスカット味 180g×6個
森永製菓
売り上げランキング: 228
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

『重量級が1級山岳を戦う方法。六甲山(逆瀬川)をやっと楽しめた。』へのコメント

  1. 名前:goku 投稿日:2017/09/08(金) 13:53:04 ID:05da82717 返信

    お疲れ様です!
    逆瀬川のタイムも皆さん着々と縮めてはりますね〜!

    上で紹介されてるセグメントも一度チギれかけて何とか盛り返せましたが…
    ホンマ気が抜けませんわ( ´△`)

    • 名前:rideand(管理人) 投稿日:2017/09/09(土) 22:28:06 ID:5181d54b7 返信

      終始お三方で牽いて頂いて、さらにあの速さは、ほんと恐れ入ります。

      平坦で千切れると、精神的なショックが大きいです^^;

  2. 名前:たまじい 投稿日:2017/09/08(金) 11:00:48 ID:1719fbefc 返信

    お疲れさまでした。
    六甲も着々とタイム詰めて来てますね。
    まだまだ行けます、頑張ってください!

    いい季節は短いので走れる時にはしっかり追い込みましょか。
    また、よろしくお願いします。

    • 名前:rideand(管理人) 投稿日:2017/09/08(金) 12:54:14 ID:1ca6d552b 返信

      ありがとうございました。
      まだまだ力の差があるのを実感したライドでした。

      秋の追い込み、、、、、怖いもの見たさで、楽しみです(^^;
      また、よろしくお願いします。